あまからホテル探訪記

良い所はもちろん、ホテル好き故に気づいた点も書く、ホテル探訪記

Swissotel Merchant Court @シンガポール (2013冬)

f:id:viwataro:20150510110527j:plain

シンガポール、2005年くらいからここでビジネス展開しはじめていれば、大金持ちに成れたらしい国・・というイメージしか持っていなかったのですが、今だとそれはどの国なんでしょうね?

 

今回は、2つのホテルに宿泊しました。

1つめは、スイソテル マーチャント コート。

このホテルは、観光地にもなっているレストラン街に隣接していて、中華街・ビジネス街・マーライオンなども徒歩圏内となり、リッチにしてはコストもリーズナブルなところです。

 

コスパが良いとはいっても、イケイケのシンガポールなので、1泊2万円強します。

また、マーライオンにも歩いて会える立地ではあるものの20分くらいは歩きます。湿度が高くて蒸し暑いシンガポールでは、10分外を歩くだけで汗だくになる(当人比)ので、近くてもタクシーで行ったほうがよいかもしれません。

 

では、早速お部屋に。。

f:id:viwataro:20150510110529j:plain

ドアを開けて直ぐの部屋景はこんな感じ。写真ではわかりずらいですが、綺麗に無駄なくまとまっている第一印象で、ここちよい入室でした。

 

f:id:viwataro:20150510110530j:plain

視線を左に向けると、ベッドがちらり。

 

f:id:viwataro:20150510110532j:plain

水回りもコンパクトかつ清潔にまとまっていました。

 

f:id:viwataro:20150510110533j:plain

 

f:id:viwataro:20150510110535j:plain

バスタブは少し狭さを感じるものの、シャワーで済ませるなら十分すぎる広さ。

 

f:id:viwataro:20150510110536j:plain

ベッドまわりもシンプル・綺麗!

 

f:id:viwataro:20150510110538j:plain

ビジネスデスクが、何故か主張しているように感じたので、とりあえず一枚パシャリ。

 

f:id:viwataro:20150510110539j:plain

テレビは木製家具の中に収まっていました。

 

f:id:viwataro:20150510110541j:plain

唯一、エアコンが古臭い感じ。

でも、シンプルってところでは統一感あり?

 

f:id:viwataro:20150510110542j:plain

アメニティは見たこと無いブランドでした。

「ピュロヴェル」というスイス製のバスアメニティで、スイスの花や木から採れたさまざまなエッセンシャルオイルを組み合わせてつくられているそうです。(サイト情報より)

 

f:id:viwataro:20150510110544j:plain

クリスマス時期だったので、大きなツリーが。

 

f:id:viwataro:20150510110545j:plain

スイソテル マーチャント コート, シンガポールでした。

 

感想まとめ(5点満点中)

・ホスピタリティ:★★★☆☆ (3)

・ファシリティ:★★☆☆☆ (2)

・空間・空気感:★★★☆☆ (3)

・コストパフォーマンス:★★★☆☆ (3)

・総合満足度:★★★☆☆ (3)

 

全体的に心地よい印象が最後まで続いたホテルでした。

一つ一つを見ていくと、特に感動がないので、ホテル好きとしては物足りないのですが、バランスがよいホテルなんだと思います。

特にホテルにこだわりがなければ or 自然派な人であれば、シンガポールにしてはコスパもとてもよいですし、お勧めのホテルです。